「負け犬」予備軍。

「負け犬の遠吠え」という本を読んだ。ちょっと昔に流行った酒井順子のエッセイである。その本では、「負け犬」とは「30代・未婚・子なし」女性のことを言う。特に「未婚」というのが大事らしく、要は「嫁に行けなかった30代女性」を「負け犬」と呼ぶよ、ということ。逆に「結婚して子どもがいる」女性は「勝ち犬」と呼ぶ。

結婚云々言うが、結局のところは「どうやったら男性に結婚したいと思われるような女になれるか。」ということを「結婚できなかった経験から」考察してみよう、的な要素もある本だ。

男は低方婚の傾向があるから、若いうちに結婚相手を考えなきゃだめよ、とか、不倫してたら今期を逃すから絶対にしちゃだめ、とか。あと、すきがなさすぎるのもダメ、とも書いてあった。一人でなんでもできるようになっちゃだめ。(男が助けたいと思わせないとダメだから。)一人旅もしちゃだめ。(つがいをつくる気がなくなっちゃうから。)もう、あれもダメ、これもダメ状態だ。そんなにまでして結婚したいか?とさえ思う。

いや、はっきり言おう。そう思うわたくしはすでに「負け犬」予備軍である。

ぶっちゃけ、さっき挙げた本の内容の、多数に当てはまったりする2●才のわたくし。すでにこの歳でシュミに生きてて、男がいなくてもさみしくないし、まわりにそんな友達ごろごろしてる。一人旅もいい。気が楽。ファッションや化粧品を追いかけてるのは楽しいし、一応就職も決まったからこれから働くと、世の中のこと見えてきて面白そう。結婚?なんでそんなことしなきゃなんないの。赤の他人と暮らすんだよ?勉強も嫌いじゃない。もし就職先が合わなかったら大学院行こうとか考えてたり。

一人で生きててもまったく寂しくない女と言うのは、男性の庇護欲をそそる存在ではない。女は、ちょっと頼りなくて、でも笑顔が可愛くてついでに料理ができれば文句ない、と言うのが男の本音なのは、女性として生きてればたどり着く世の中の真理である。であるからして、一人で生きていけて、寂しい思いもしないで、そこそこ楽しい人生を送りつつあるわたくしは今、「負け犬」予備軍の渦中にいる。

さらに言うなら、「失楽園」を中学校時代に観ていた年代としては、不倫にもそこまで抵抗がなかったりするのが恐ろしい。わたくしは不倫どころかまともな恋愛経験もあるかないか妖しいところだが、年上の人は好きだ。(個人的趣味。)もしかしたら、社会に出て不倫、という可能性が、その傾向が自分にはあるとちょっと思えたり。いや、基本的に他人のものに手を出さないと決めてますが。でもそのあきらめのよさが恋愛経験なさ過すぎる要因かもしれないとも思うわけで。まぁ、上は45歳までなら大丈夫ですね。

ああ、もう明夫となら不倫でも何でもいいよ、と最近は思います。

"「負け犬」予備軍。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント