あをい、地雷について考える


どうも。あをいです。


今日はおたく的意味合いの「地雷」について考えてみようと思います。


わたくしは長らく「ノマカプならなんでもおいしいmgmg!」と言ってはばかりなく、このブログの過去ログ漁ってもらってもそういう表現が随所に出てくるかと思います。実際、そう思っていました。

ところが、どうにも最近そうでもないぞ…? ということに気がついてしまいました。

わたくし、昔、某少年漫画誌のブリなんとかという死神漫画にハマって、イチルキとかそういう薄い本を出してたんですよ。漫画で(漫画だった……)。
ルキアたん至上主義で「ルキアたんさえ愛されていればいい!」という総受け嗜好丸出しの発言を繰り返しては毎週月曜日に登校前コンビニに寄ってジャンプ買って読んでました。

本編があまりにアレで、初期ファンからそっぽ向かる展開にわたくしもファンからキレイに足を洗ってしまったのですが、どうやら風のうわさで連載が終了したとか。久保せんせい、お疲れ様です。

たつきと水色はどうなった?

それはさておき。
風のうわさで、なんかこう……けっこんEND? とかだったらしいじゃないですか。風のうわさで、ネタバレさえ見かけたわけでもないんですけれども。

あれ。なんかうれしくない。

ルキア総受けとして、もちろん恋ルキも好きだったはずなのに……。

どういうことなの? むしろ……なんか……悲しみしかないのはなんで? ちょっと地雷になってない? と考えたのが本日の話題の発端です。


思うに、二次創作というのは妄想の塊なわけです。妄想なので、事実である必要はないのです。妄想で萌えられるか。それが全てで、原作に沿っている必要すらない場合もあります(わたしはなるべく沿うようにしてますが)。

公式になってしまったことで、妄想を許されなくなった気がするのかもしれない。それが悲しいのかな……せめてどっちかフリーだったらまだワンチャン妄想もあったのにな……。


で。「地雷」の話に戻ります。
人それぞれだろうとは思いますが、ある一定の場合において「妄想が許されない」と感じた瞬間、「地雷」になるのではないでしょうか?
例えば、Aをすごく幸せにしたい、幸せにする妄想をするんだ! と萌えている場合。「Aが幸せにならない」「幸せになる妄想にはつながらないルート」と感じた場合「地雷」判定になると考えられるのではないでしょうか。

(今は流れの都合で「公式に妄想の余地がないと二次創作はつらい」という話になりましたけれど、公式が地雷という話ではないです)(まあぶり…については地雷ですが…カップリングではなく公式のストーリーが)

さて。二次創作において、自分の中でのキャラ解釈は不可欠です。
そこから外れると、思い入れが強い分だけ「地雷」判定は厳しくなります。愛している、とは表現しません。思い入れです。思い入れ=愛では決してありません。「キャラを愛しているからこそ地雷はどうしても許せない」というより「このキャラ解釈に思い入れがあるから、それ以外はいらない」の方がおそらく表現としては近いでしょう。

で。最近はツイッターやpixivなんかがあるので、他の解釈を目にする機会が昔より格段に上がっています。

つまりわたくしは、別に地雷がなかっただけでなく、それまでいたジャンルやカップリングがマイナーで、他解釈と出会うことがなかっただけなんじゃないか、という結論に達しました。

近年ではヘタな作品を見てしまったがために、ちょっと苦手、から地雷へと昇格したカップリングもいくつかあります。
見事地雷デビューを果たしたわけです。うれしくない。
これが結構市民権を得ているカップリングだったら永遠に地下に潜るレベルです。己の発言でアンチが増えるという事実を知ったからには自分も注意したいものですね。もっとも最近は「ジャンルやカップリングが流行ってほしい」というより「自分が好きにやりたいから後はどうなってもどうでもいい」という書き手さんが増えたように思いますから、こういう考え方自体がそもそも古い気がします。
(補足しておくと、大昔の同人界隈というのは「この作品をもっとたくさんのひとに知ってほしい」「もっとこのカップリングの書き手さん増えろ!」という思いでお金かけて本印刷していました。印刷代は今の1.5倍くらいの価格だったと思います。「趣味だし好きにしていいんだ」というのは、公式の迷惑になるので絶対にしてはいけないと、脈々とおねえさまたちから教わる時代が大昔にはあったのです)

閑話休題。


見事地雷デビューしてしまい、こういう解釈に行き着いたものの解決策はありません。創作している時はその作品とカップリングが世界の中心ですから、よけいに地雷はキツイ。
地雷が平気になる瞬間もあるにはあります。もうその作品でまったく二次創作もしないし、読み返したい、プレイし直したいと思わなくなった瞬間です。

はやくそのジャンルから卒業しなよ、と思わなくもないですが、萌えというのは自分ではままならぬもの。地雷を道端の排泄物と思って目を伏せるくらいしかありませんね。
地雷がツイッターとかで流れたときに「あ、うんこが流れてきたぞ!」と声に出して言ってみてください。ちょっと面白くなったので不快感が薄れました。おすすめです。

あっ、うんこだ!





===============================

ほんっとにどこにも書く場所ないし、あえて書くことかと長年思い続けてはきましたが
わたくし、キャラの下品化とか不良化ってめっっちゃめっっちゃ地雷です……。
それもう……キャラ違うよね……? 一次創作でいいよね??
もちろん、同じゲームや作品見てて、そういうのを書いたり好んだりする方々には、そのキャラは言いそうだなって思うんでしょうから文句言えません……わたくしとは見ている世界が違うのです……その方々はきっとわたくしがプレイしているゲームとはまったく別のゲームをプレイしているんです……。

あ、そこに至るまでしっかりストーリー描かれていればそれはOKかも! むしろ読みたい?! う〜〜〜ん複雑!

まだまだ地雷判定初心者ですね!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック