絵を描くこと。─思い出編①

どうも、あをいです。

今回は「あをいが絵を描くこと」について書いてみようと思います。
とうらぶで後藤くん掘ってる間に。


あをいは現在、小説メインの字書きです。でも、時々お絵かきもします。
就職するまでは漫画メインの二次創作を続けていて、逆に時々小説を書く程度でした。
時折は「あをいは絵も書く文字書きだ」と思われるのですが、実際のところは「絵を描いていた字書き」というわけです。

字書きになったのは単純に就職してプライベートな時間が極端に減って、通勤時間でなんとかなる小説に移らざるを得なかったことがかなりの割合を占めています。大きな出来事があって絵をやめてしまった、というようなことはないので、時間ができれば絵も描くようになるよな、くらいの感覚です。


さて。では絵を描くようになったのがいつごろか、というと、小学2年生のころです。
なんでそんなにハッキリ言い切れるのか、というと、小学二年生のとき、わたしははじめて賞を貰ったのです(といっても、学校内だけの賞だったように記憶してますが)。
当時の私はそれはもう、今とは全然違う性格のこどもで、身体も小さいし病弱だし、特別頭も良くないし運動もできないし、音楽のセンスもあるとは言えないし、不器用でもちろん絵なんて描けないし、そのくせかんしゃく玉だし。今思い返せば、当時のIQテストで追試を受けたとぼんやり記憶しています。
まあ、褒めるとこのないこどもだったんですね。通知簿にも当り障りのないことが書いてあった記憶があります。

そんな自分が賞をもらえるなんて! という強い感動が! みたいなことは残念ながらなく。賞をもらった時はどこかぼんやりと「ああ、そうかぁ」という感じでした。
というのも。
以前から、褒められてはいたんです。わたしの絵をまねっこした子が。
そうして、わたしはその子の絵を見たセンセイから「まねしちゃダメでしょ!」と叱られることが続いてたわけです。
今のわたしなら考えられんことですが、そのときは「ふーん」という感じでした。褒められている子は、声も大きいし元気で頭も良くて、いわゆる「センセイ受けのいい子」。
当時その子が「盗作」の定義を知っていたかは不明ですが、ちゃっかり「マネしていい?」と聞いてきたことも覚えています。あんまりよくわかってなかったので「いいよ」と応えたことも覚えてますが。
まあ、合意の上なので、特別くやしいと思ったこともありませんでした。なんともぼんやりとした子どもです。
賞をもらったのは、担当教師が変わってからすぐです。
なので「ふーん」。
こども社会にも大人が勝手につくった色眼鏡がついてまわるのだと肌で感じました。

そういうわけで、今度は「絵が描ける子」という色眼鏡がついてまわることになります。美術展にも出品してもらえました。やっぱりわたしの感覚は「ふーん」でしたが、それでも色眼鏡がついたことで、自分に自信が持てるようになったのも事実です。

それまでぼんやりと「ふーん」だったのが、あ、とにかくなんか描いてればわたしは大丈夫だなって感覚の「ふーん」に変わったのは、わたしの子ども時代においては、わりと強烈な思い出です。

わたしが「絵を描く」ということを考える時、当時の感覚はずっと張り付いています。



つづく。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック