ツイッターは怖い場所?

どうも。あをいです。


相変わらずユガココしております。
原稿の息抜きというか、進まぬもやもやをブログに吐き出そうかと。

ついったでもいいんですけれど、やっぱりあそこは読まれること前提なんでね。
不用意に愚痴を大量に吐き出すのもどうかと思いましてね。


そう。
ついったは読まれること前提っていうのをね、ひしひしと感じています。
というのも、前から連呼していますけれども自分がかなり文字に影響受ける質なんです。だから、フォロワーさんのツイート見てすごく影響受けてます。実は。

だから、楽しいこととかカプ萌え語りとか、ジャンル超えてそういう発言は元気をもらえます。
一方で、同じカプの方でも同じジャンルの別カプや特定キャラのdisは、めちゃくちゃ嫌です。嫌いです。なので、あらかじめ調査できるのであればそういう方とは極力お付き合いしない方向でいます。

調査する前につながっちゃうことがあります。
わりと耐えるんですが、ついこの前、とうとう耐え切れなくなってさよならした方がいます。なんかそこまで耐えるなら最後まで耐えろよ、と自分でも思ったんですが、無理でしたね。実生活へも相当なストレスがかかってたんで。

交流を切ったらよく眠れるようになりました。すごい。文字の力は偉大だ。ひとに対して、それほどまでに悪影響を及ぼすことができるんだな。



よくdisをして、よく他の方が好きなものを貶めて、よく他の方の作品を軽視する方たちでした。
そして、自分たちが好きなものが、なにより至上のひとたちでした。
好きなものが至上であることを明らかにするために、他を貶めなければ表現できないひとたちでした。

わたしは、こういうことを裏で書いたり言ったりすることが好きではありません。
なので、ご本人たちに直接、そういうのは良くないと、面と向かって、あるいは書面で、お伝えしました。

特に改善もなく、むしろ悪化しました。

きっと、わたしはその方たちにとって、大した意味を持つ人間ではなかったのでしょう。
わたしの言葉を聞き入れて、改善して、引き続き仲良くしていこう、と思われる人間ではなかったんですね。もしかすると、交流を断とうと決意できたのは、そういうことが見え透いたからかもしれません。

ある方の交流最後のお返事に、こうありました。
「Twitterは怖い処だと認識しました」


簡単に発信できるから、簡単にひとを不快にする発言をしてしまう。だからTwitterは怖い場所だ。
その方は、そんな意味合いで言われたのだと思います。

わたしも、Twitterが怖い場所という点には同意します。

己がどれだけ無知で、傲慢で、周囲を見ていない知的レベルの低い人間かを、文字情報を通して他人に知らしめるからです。

なにをどう発言すると誰が傷ついて不快になるのか。それは、思いやりのレベルです。普段の日常会話で、こう言ったら相手がどう感じるかを考える程度のものです。その場に相応しくないと思えば、慎む程度の社会概念はひとぎらいのわたしにさえあります。もっとコミュニケーションの上手いひとは、慎むのではなく相手を楽しませることさえします。

それを一切考えない発言を連続して、「怖い場所」というのは失笑ものです。

怖いのは、ひとをひととも思わない、ひとの持つ傲慢さこそです。場所など関係あろうはずがありません。そういうひとは、リアルでもそういうことを言います。そういう心根なのですから。

そういう心根と知性の低さ、未熟な人間性がくっきりと浮かび上がる場所、という意味で、わたしはたしかにTwitterは怖い場所だと再認識しました。
わたしも、誰かに同じことをしているかもしれない、と。



わたしにはおおっぴらに誇れるものはあまりありませんが、そういう方たちと一時でも交流していて、これは自分が持っていて良かったな、と思うものがあります。

自分が好きだと思うことを、なにかを貶めることなく好きと表現できること。

わたしは、ライターです。出来て当然です。ライターはそれ以上のことを求められます。ですから、これを意識したことはほとんどありません。文字を扱う人間なら、最初から徹底して教え込まれるからです。
「他人が読んで不快に思うことは絶対に書くな」
これを徹底されないライターはいません。そういう記事ばかり書くライターももちろんいます。彼らは自覚的に書いています。不安や恐怖、怒りを煽るメディアも存在し、彼らはそういうメディアを形成するしごとをしているからです。それはしごとで、彼らはプロで、もちろんわかって書いているのです。

わかって書くこと。わからず書くこと。そこには意識に天地の差があります。

わたしには好きなものがたくさんあります。そうして、それを共有したいと思う人間です。今回「なにかを貶める」ことしかできない方たちを見て、自分がそういった低俗な表現しかできない人間でなくて本当によかったと思いました。
ひとぎらいではありますが、ひとがなにを嫌がるのかわかる程度の人間性を持っているのだと、安心もしました。


いろんなひとがいて、いろんな表現があります。
わたしはそれをひとつずつ吟味して、いちいち批判するつもりはありません。わたしは表現の自由を尊重します。

その一方で、わたしの貴重な時間や体力、精神力を、不快なひとびとと過ごすために使いたくないと思います。わたしの時間もまた、他者の表現の自由と同じくらいに大切です。


わたしはひとぎらいですが、交流嫌いというわけでもありません。
わたしがひとぎらいと憚らず言うのは、今回の方々のような、自分の世界しか知らず、他人の見ている世界を知ろうとせず、自分を無意識に一番上に置いて、他者を見下す傲慢さを、ひとは大小かかわらず持っていることを知っているからです。

今回のことで、わたしはわたしがひとぎらいであることも再認識しました。
そうして、今後この認識を改めることはなさそうだと思います。
好きを共有することと、ひとと交流を深めることも別問題ということも理解できました。好きを共有できなくても、交流を深めたいと思えるひとがいることも。

今回の件は、遅咲きでSNS活動をはじめたわたしにとって大変勉強になることばかりでした。少し付き合い方を見なおして、上手く活用していきたいと思います。


はー、やっぱり言語化すると落ち着くな。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック