この文章そのものがネガティブということもわかってはいる。


こちらのブログ、きがついたらすごくお久しぶりでしたね。
せめてサークル情報くらいのせろよと言いたい。
言いたいのは読者の方々ですね。マジすんません。


ひさしぶりにひょっこり登場したのは、まったくの愚痴をかきあげるためです。
ちら裏乙!
だがちら裏だけれどもいつもなにかで発信したいと思ってたうっぷんなのよ。


ツイッターはじめてね、とってもたのしい。
もうこっちに現れないくらい手軽でたのしい。
つぶやきっていうくらいだから、周囲も本当に「つぶやき」感覚でツイートしてるから、
発言がすごくリアルな感じがする。
リアルっていうのは、現実感覚を伴う、というより、人の温度がする。


ぶっちゃけめんどうくさい。


そのめんどうくささが人間関係なんだと、反社会的性格かつ人ぎらいのあをいさんは最近妙に思うのです。そういうところが人づきあいの面白味であることは、一応理解している。


あをいさん、向いていないだけで。


そうだよ人づきあい向いてないから人ぎらいなんじゃん。独りの時間長すぎてすっかり忘れてたわ!


ツイッターの同人屋さんはたくさんいますけれどね、年齢にかかわらず「どうせわたしなんて」とか、「わたしがつくった作品なんて」って発言をよくみかける。「病んでる」「もうやめたい」とか。


わたしはその作品を読んでいる人にあやまれと言いたい。


のをぐっとこらえてたんだけどここに書くよ。


少なくとも、ツイッターはちら裏じゃないんだから、いくら好きなこと書いていいっつっても人の目にふれるもんになぜそんな他人もファンもどうでもいいようなネガティブなことを書けるのか、心の底からふしぎです。


あをいはもの書きとして「読者が楽しくなることを書きなさい」と教えられました。それ以外のものは限りある文字数を割いてまで書くことではない、と。これはプロとして文章を書くときにも、非常に役立った教えでした。


別にネガティブなことをいくら書いても、作品は素晴らしいし、ご本人も悪気があるわけでないのもわかる。どこか一部が悪いからといって、すべてを否定するほどあをいは子供ではないつもりです。


ただ、あをいも作家のはしくれです。
作品はわが子も同然です。したがって「今回のはいまいちかなぁ?」と言ったところで「えー、わたしは好きだけどなあ」の一言がほしい。そう、誘い受けだ。
わかってる。それこそうっざいのはわかってる。だからなるべく言わないようにしてる。でも言っちゃう時はある。それは勘弁してくれ。


だから他のひとがちらちら言ってたとしても、まあ様式美の一環として、今日の天気をたしかめあうのごとき流れで受け流せます。


けれど、なんどもなんども。作品を発表するたびにそういうのはどうなのか。


アマチュア作家の二次創作作品が、一体どれほどのひとの目にとまるというのか。しぶのランカーだってせいぜい一晩で2万人程度。一部ファンが何度も読み直していること、間違ってぽちしてしまったひとを考えればもっと実数は少ないでしょう。あをいがしばらくランカーだった時だって、一晩でせいぜいまわって2000程度。1日で1万ヒットしたときは何事かと思うレベルです。


そんな数のひとが、一体どれだけ真剣にあをいの作品を読んでくれているのか。はっきりいって、いつも応援の言葉をかけてくださっている人くらいしかいないと思っています。ですから、気にしても仕方ないと割り切って書いています。

というより、あをいさん本当に昔から感想もらわないひとだったので、むしろ感想もらった方がびっくりうれしかったりするのですよ。だから、他人から作品の評価をうけたことって、あんまりないし気にならない。


気に入ってくれたら読んでくれるし、買ってくれる。それ以上は、あったらうれしいけどなくても平気。
作品は消耗されるものです。そして、それでいいとあをいは思っています。娯楽ですから。


評価は評価として受け取りますし、忠告や指摘があれば受け入れて改善していきたいとも常々思っています。そこは謙虚でいたいと思います。けれど「こんな作品、読んだら気を悪くしますよね」「こんな作品いりませんよね」と言って毎日毎日しぶに張り付いて評価点やブクマ数を数えている意味がわからない。


わたしには、そう言っているひとが評価をほしがって駄々をこねているようにしか見えない。


本人にはそういった自覚がないかもしれないし、そんなつもりではないと言うでしょう。けれどその作品を楽しんで読んでいるひとがそんな発言を目にして「な、なにか感想いってあげなきゃ」「なにか反応してあげなきゃ」と思うことでしょう。


脅迫です。


読者にも読者の楽しみ方があるし、そんなに楽しんでなくても評価するひともいるし、すごくすきだけど評価や感想として行動にうつさないひともいるでしょう。

わたしも以前「感想ほしいお\(^o^)/」って言ったことがあります。本音です。正直、そう言って読者の方が感想くれるまで、マジで片手で数えられるほどしか感想もらったことありませんでした。


でも、感想をもらっていなくても、わたしは書き続けます。


趣味ですから。もっと言えば、おたくはこの世に背負って生まれた業とまで思っていますので← たとえ誰から反応がなくても、描き続けます。実際にこれまでもそうしてきました。


我々は、大人で、アマチュアであれ作家です。
本音だからと不用意にネガティブなことを書くのは、良識ある作家のすることと思えません。


不安におもっていることを書くなとはいいません。だれだって不安です。嫌なことがあって、ぐちを言いたいことだってあります。それは「書かない」のではなく「書き方を考える」という選択をしてほしい。


「今回はだめだめでした」→「自分としてはここが気に入らないのですが、ここは気に入っています。みなさんはどうでしょうか」
「わたしのような人間が書いた作品が面白いとは思えない」→「まだまだ未熟だけれど、少しでも面白くなるように努力します」

「え、全然ちがうじゃん」って思いますか? ところがどっこい、根っこは同じです。


言葉を吟味し、文法に留意して、読みやすく、面白い文章を書く。


それが作家の役目です。
自分の本音のままに語ることは、リアルではしないと思います。文章だってそうなのです。だれも自分の上司がヅラかぶってそうなのに「それ、地毛ですか? あ、マジで? あっはー☆わたし、自分に正直なんでー☆」とか言ったら、間違いなくクビになるか職場の人間関係悪くなるでしょう。


今画面に向かって書いているその文章は、だれにむけてのメッセージですか。

自分のためのネガティブな言葉なら、どうぞ日記に。相談に乗ってほしいのなら、相談内容を書き込みましょう。慰めてほしいのなら「慰めてー!」と声を上げましょう。一緒に悲しんでほしいのなら、悲しかったことが伝わるように書きましょう。


ひとのを気持ちを、不要に落とし、害し、モチベーションを下げる言葉は慎みましょう。あなたの言葉は、ひとに読まれ、ひとに影響を与えます。ひとに無害な言葉などありません。だからこそ作家は言葉に対して誠実であるべきで、真剣に相対するのです。


あなたの言葉はだれに向けたものですか。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック