夏インテ、お疲れ様でした。


夏インテ、みなさまお疲れ様でございました。
今さらかよ、という突っ込みはもう自分でしたのでそっとしておいてください。

最近のインテはまったりしていて、とても過ごしやすいですね。
嘘。暑かった。6号館Aゾーン暑かった。C・Dは涼しかったのに!


引っ越しを予定している関係上、とらばら本しか買わなかったのですが、
のちのち聞くところによると特撮に「牙狼」のサークルさんがいくつかあったとか…。
心の底から悔やまれます。いくつもあったのか、と…!!


けどこれ以上本を増やすわけにはいかなかった(→ツイッタ参照)


「あをい屋」に来て下さった方々も、本当にありがとうございました!
「ピクシブみてます!」「新刊ください!」のあなたの一言が聞けただけでわたくしは…
わたくしはわあああああああああああああああああああああ!!!


げほげほ。

新刊は「虎の穴」で通販予定ですので、よろしければぜひ。よろしければぜひ!(卑しい)


いやなにせね、今回は樋村あかつきさんに表紙を描いてもらっていてですね。
しかもわたしが考えた構図で!! 

奇跡か?

もうもう、ひとに表紙を描いてもらうことが滅多にないのでうかれています!
表紙だけで買ってください、買う価値がありますよ、虎薔薇スキーならば!!!!!
とわたしは声を大にして言いたい。


ちょっとわたしの凡ミスで通販開始が遅れておりますが、開始したらこちらでも報告します。

報告? 宣伝か。


さて、次回のイベントですが、10月7日のスパークに参加を予定しています。
予定ってなんやねん。いやめっちゃ忙しい時期なので、参加できるかもにょ…
いやでも絶対参加したいのよ。なんと言っても


虎薔薇プチオンリーが開催されますからね!

虎薔薇プチオンリー「とらばらぶフェスタ」

ついでにナンジャ行きたいし。


ですので新刊も…なにかは用意します…。
ぺっらい小説本か、マンガ本か、最悪鉛筆コピーマンガは出します。
ネタはあるけど書く時間がいまのところなくて…。
小説くらいならいけるか?


さっきプチの参加表明してきたら、「小説サークル」という表記を見て
「ああ…。わたしんとこって小説サークルなんだ…」と妙な感慨をいだきました。
今さらかよっていう。
長らくマンガサークルだったので、あらためてみると違和感。
いや、今は間違いなく小説書きなんだけどさ。

この前実家帰ったときに、末妹のデッサンの資料かなんか見せてもらったら、
中妹に「もうそんなんアンタに必要ないやろwwww」って言われて

「い、いるわあああああああ!!!!!」

と泣きながら全否定してやりました。ええ。
お絵描き…というか、マンガ描くのはまだ好きですよ!


ストーリーを考えるのが一番すきです。
嫌いなのは消しゴムかけor校正。


どうでもいいですね。

もうちょっとブログもいじりたいなぁ。ツイッタばっかりじゃなく。


スパークの次は、冬インテ。その後は未定です。
来年は同人15周年なので、なにかぱーっとやらかしたいなあ!


構想としては、虎薔薇本再録、「あをいだけの虎薔薇文庫」
既刊とピクシブのを再構成して、一連のストーリーをつくる。
…多分人が殺せる分厚さになる。
小説で?! すごくね?! でも文庫サイズなら確実に京極夏彦になるよ!!

やべぇ面白そう! 本気でやってみようかな!! ←


はったりかそうでないのか、微妙に本気くささを残して…。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

なゆた
2012年11月07日 23:13
「あをいだけの虎薔薇文庫」発行を切に願います

最近になって虎薔薇にはまり、とらのあなで「とらばらぶ」を購入し
あをい様の作品に出会いました
直ぐに「To love someone deeply gives you strength. Being loved by someone deeply gives you courage.」と「 A woman says nay and means aye.」をとらのあなに追加注文しました

でもこちらのサイトに今日伺ったところ他にもたくさん既刊本を発行されているのを知りました

あをい様の他の作品も拝見したいので是非とも「あをいだけの虎薔薇文庫」をお願いします
あをい
2012年12月09日 00:54
お返事おそくなってすみません! 既刊を読んでくださったとのことで本当にありがとうございます!! こうして反応いただけるととってもとっても嬉しいです! 「とらばらぶ」も購入してくださって、主催者さまも泣いて喜んでいるかと思います!! 「あをいだけの虎薔薇文庫」は、やってみたい企画でもありますし、色んな企画と一緒に進められたらいいなぁと妄想だけしています。少し先になるでしょうけれど、気長にお待ちくださいませ! これからもあをいと虎薔薇をよろしくお願いします!

この記事へのトラックバック