虎薔薇について本気出して考えてみた。


どーもぉ! 「タイガー&バニー」の夢に出てくる女優を好きになっちゃう方に、なら夢にでてきたJKも好きになっちゃえばいいよ! と真剣に考えているあをいでーす!


同人誌用長編を執筆中なのですが、迷子になったのでちょっといま自分がどこにいるのか考えてみたいと思います。


議題1:虎徹さんとカリーナさんの関係性

精神的には師匠と弟子の関係ではないかと。もしくは、先生と生徒(まーたそんなフェチい表現を……)。
「自分が何のためにヒーローをするのか」という虎徹の行動原理をそのまま受け継いだのって、実はカリーナさんだけなんですよね。
バーナビーさんは、また別の自分の行動原理と正義感を持っている。それに、バーナビーさんは虎徹さんの相棒であって、弟子とはまた違います(後輩とは言えるかもしれませんが、ラストではお互いが対等な立場になったと思う)。
だから、二人はある意味、託すものと託されるものの関係ではないのか、と。うお燃える。どうよサンライズ?!


議題2:虎徹さんはカリーナさんをどう思っているのか

21・22話までは、からかうと面白い女子高生兼同僚だったと思います。ただ、21・22話で、他の誰も記憶を取り戻さない中、記憶がなくても信じようとしてくれた彼女には、きっと何か思うところはあるはず。それは恋というより、弟子に対する信頼。そして、そういう人間がいてくれることへの感謝の気持ちを虎徹さんは持ったと思う。だから、そういう意味では虎徹さんにとってカリーナさんは、とても「特別」なのではないかと思います。


議題3:カリーナさんは虎徹さんをどう思っているのか。

 大 好 き 。

本編を且黙して見よ。そしてタナトスの声を聴け……!



議題4:どうしたら虎徹さんとカリーナさんはくっつきますか。

虎徹さんの「特別」が「恋心」に変わった時点でくっつくはず。なにかきっかけがあれば、結構簡単に変わるはずですが、そのきっかけ、どうやってつくろうかと今悩みに悩んでるんですけど……!
やっぱり、「出来た弟子が、ちゃんと女の子だったんだー」ということを意識させるのが第一歩かな、と。ただ、虎徹さんは「守らせてくれる」女の子が好みのような気がする。でもカリーナさんは、守られる状況に憧れを持ちつつ、最終的には「一緒に戦う」ことを選ぶ女の子のような気がしますね。うお、それはそれで胸熱やな?! でもそれ悲恋ENDなので却下。


議題5:じゃあきっかけってなによ?

「昔の女と比べるなんて、サイテー」という向きもあるとは思いますが、まずはカリーナさんには比べてもらえる土俵に立ってもらうことが重要でしょう。そんで、友恵さんとは全然違うってことを意識させるのが大事なのではないかと。
っていうか、どこかしら似ている女に惚れ直すより、全然別人格に惚れてくれた方が純愛っぽくてわたしが好きなんですよね! そういう意味では、友恵さんとカリーナさんは全然似ていなさそうでよかった! 本当によかった!


議題6:つまるところ、きっかけはどうするのよ?

ああー……なにか、こう……事件的なものがあって……虎徹さんが昔を思い出して……そのときにカリーナさんが傍にいる、とか……。いや、違うな。そんなのはもっとストーリー構成に定評のある大手物書きに書いてもらえばいいんだ。もっとわたしは馬鹿な話を書かなくては。そう、馬鹿なカップルの「お前らいつまでそうしてんの?」みたいな両片思いを書きたいんだよ!


議題7:書けよ。

そうだね。
たぶん、もうこのあたりはさんざ吐き出しているピクシブの投稿小説の中のワンエピソードをリライトしなおせばどうにかなるかもね。
両片思い……あれ、これってでも両想いとは言わないね?


議題8:虎徹さんとカリーナさんが両想いになるには。

だいぶ時間がかかると思う。というか、本編ですらラストでカリーナさんは順当に行くと高校3年生にはなっているはず。ふっつーに段階を踏んでいっても、カリーナさんが高校卒業するまでにはどうにもならなさそう。エロ書きとしてはある意味安心な二人。こっちでいろいろもにょもにょと設定に配慮しなくてよくなるからね!
まあ、たぶん虎徹さんが友恵さんのことをきちんと整理できれば両想いになるんじゃないでしょうか。虎徹さんは長い間「友恵のことは今も好き」「でもカリーナも好き」「俺って最低?」という悩みで苦しむんだろうと思います。でも「奥さんのこと、好きなままのアナタがいい」というカリーナさんの言葉で救われると勝手設定。


議題9:勝手設定をどうぞ。

 虎徹さんは友恵さんと家庭を持ったことで、ちゃんとカリーナさんと向き合えるんだと思う。多分、同じ年頃のころに二人が出会っていたら、もんのすごい犬猿の仲になるだけで終わっていたと思います。どっちも性格に余裕があるタイプじゃないから。そんな二人なのに、虎徹はちょうど良く性格に余裕をもってる友恵さんと出会って、歳を重ねて、少し精神的に余裕が出来た。そんな状態で出会ったからこそ、虎薔薇はうまくいくんです。つまり、友恵さんがいなくては虎薔薇は成り立たない。それがカリーナさんにもわかっているから「奥さんが好きなままのアナタがいい」というセリフが出てくるんだよいつか言わせてやるぜこんちき!

かようにわたくしは考えておりますが、どうでしょうか。


議題10:それ、今度の長編に入れれば?

その発想はなかった。うん、やっぱり自問自答を紙に書くのは必要なことだ(紙じゃないけど)。でも、たぶん書かない。書けない。
両片思いに決着付けさせるだけで精いっぱいな気がする。両想い編は……うん、エロで十分。次があるなら、次の長編とか……? うーん。それかピクシブに散発的に投下していくか。っていうか、この話、たぶんおまけCD聞かないと怖くて書けないから、おまけCDをどうやったら手に入れられるかを真剣に考えてからですね。




うーん。見えてきたのか、そうでないのか……。とりあえず、わたしはわたしの萌えを追及して、作品の完成度はその次くらいで考えた方がいいですね。やっぱ、自分が満足するものを書けないと、せっかく同人している意味がないものねー。


冬インテ、50ページくらいの小説本と、同じくらいのエロ小説本が出せればいいなー。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック