「気づかせてくれるのはいつもきみで」を書いてみた。



スーパー久しぶりに一人称の小説書いたらすごく時間がかかって仕方なかった。しかも思い返せば最後に書いた一人称の小説は「テニス」の観月×巴のエロ小説だったね、っていう。

うん、ていうか、以前最後に書いたのがエロ小説だったよね?

エロのない小説が書きにくくなっている事実に驚愕する。


ところで、うちのガウリイさん、書いている時に「いやいや、ガウリイこんなアホちゃうやろ」と思いながら書いていたんですが、軌道修正しようと原作読んだら、

なんだかウチの子の方がまだ頭良さそう。

・・・ガウリイって一体・・・。。

いや、カッコいいんだけど。あと、久しぶりに読んだらこいつマジでリナのことしか考えてねーのな。っていうか、リナ以外のことを何か考えてるのだろうか。外伝読んだら、彼は彼なりに考えて動いているらしいということはわかったんですが・・・。

今回「スレイヤーズ」読み返して、見る視点が違えば世界は違って見えるということをしみじみと感じました。
わたしたち読者はリナの視点からしかあの世界のことを知りませんが、きっとガウリイから見た世界ってリナが見てる世界と全然違うんだろうなぁ。理とか、常識とか、そんなものまで違いそう。
そんで、リナ視点からだとリナの考えや行動の理由ってわかるけど、他人からみるとリナへの印象かわりそう。

ぜ、ぜひガウリイ視点からのリナ像が読みたいんですがハアハア!!

きっとちみっこくて生意気なこどもだけどちょっと可愛いところもあるなと思っていたりするんだすげー萌えんなそれ。

ちなみに今回の自分リバイバル期間で、アニメは完全にリナ視点を映像にしてるなー、と感じました。なんだかいろんなところが誇張され気味なのは、リナ視点から全く抜け出さずに描いているからなんだな、と。それがワザとなのか何なのかはわかりませんが。さらに言うなら、それはそれでアリだと思うし。さらにさらに言い募るなら、「スレイヤーズ」アニメはわたしが中学生のころリアル放送だったので、中二病のおたくにクリティカルヒットする面白さでした。わかりやすいキャラクターと深い世界観。未だに「スレイヤーズ」世界観は面白いなーと思いますしね。

だから原作もアニメも漫画もみんな違ってみんないい!!


さて、実は今回のSSの続きエロが書きたくて仕方ないんですが、発表する場がないので考え中です。
とりあえず、情熱が失せないうちに書き上げたい。






iPhoneから送信

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック