ゴーカイジャー 第22話


いつまでも「スイプリ」の感想ばかり書いているあをいさんではありません。はりきって「豪快」の感想に参りましょう。


・また銀のターン
・今度は青との絡み
・青の中のひとの動きのキレの良さには驚きを通り越してときめきすら感じる。なんだあの腹筋の仕方は。お前ほんとに俳優か。JAEの回しもんじゃないのか。いい尻しやがって。
・銀の大百科は地味に欲しい
「地球はすきですか」「・・・嫌いじゃない」
・銀は付き合い短くてわからないようですが、これは青の精一杯の「好き」ですよね。ね、ルカさん?
「買い出しの邪魔をされた」
・青は素直で天然なよいヒーロー
・そして青はほんとに赤が大好きですね(アーッな意味ではなく)
・噂をしたのが誰かわかってる黄に萌える。流石嫁。
・そう言えば、感想書き逃したけど先週の冒険回で赤たちと二手に分かれる時に青と黄の視線だけのやりとりには激しくときめいた。青の「マベは任せた」「オッケー」なやり取りが目配せひとつで完了するとは! 流石にあそこは付き合い長い青黄でしか成立しない萌えポイント。そして二人とも行動基準が赤であることにも萌える。桃と緑はある意味、そこまで赤に入れ込んでないから(そのポジションがおいしい二人だからいいんだけど)。
・地球のくそ生意気なガキは、親友との約束で流星群をみにいくとかいう。
・約束とか友情とか夢とかの単語に弱い青は本当にヒーロー体質。
・意外に「状況考えろよ」とかまともなことを言う銀に違和感。さてはこいつ、実は意外と常識人なんだな。ただ特オタなだけで。
・そう考えると、たしかに銀って突っ込みかも。皆宇宙人だしどっかずれててボケだからなー。
・そして頑張る少年と青
・今回は山中の殺陣ですね。大変そうだけど皆頑張る―。ほんと「豪快」の皆は殺陣上手いですよね。それに青と銀は特によく動いているように見える。こいつらほんとに何者だ。
・その後、ザンギャックに襲われる少年を助けた銀が、再び「もうやめとけよ。状況考えろよ」。ですよねー。
「俺たちがザンギャックを倒せばいいだけだろう」

・か、かっこいいーーーーー!!

・なんというヒーローっぷり。こいつが赤でも通用するよスーパー戦隊的に。
「派手にいかせてもらう」

か、カッコイイーーーーー!!!!!

・が、次の瞬間に派手に吹っ飛ばされている件についてはスルーの方向で。ええ、なんて言ってもヒーローですから。
・映画見た後に「天使」赤にチェンジするマベ様を見ると複雑な気持ちになる
・チェンジを全て銀が取り仕切っている件について。
・なんでドリル放り投げる必要があるんだろう・・・。ドリルって単体で空とべないの?
・少年は無事、親友との約束を守ることができました
「スーパー戦隊は、人のいのちだけじゃなくって、夢も守る存在なんですね。ジョーさんも、立派なスーパー戦隊のブルーです」
「そんなことはどうでもいい・・・あいつは、よくやった」


・か、かっこいーーーーーー!!!!!!!!!!

・どうですか、このセリフ! どうですか、このセリフ!! これまでの「豪快」の中で一番すきな流れですよ、このセリフ! 「別にスーパー戦隊とか、ヒーローとか、そんなものになりたいわけじゃない。ただ、頑張る誰かの背中を支えることができたんなら、俺はそれだけでいい」ということですよ。

どこまでヒーローなのこの男!! ヒーローの本質はこの青のセリフに全てこめられているといっても過言ではありません! ちょっと銀、そこに正座しなさい!!

総論

わたくしは青がすきだ!!!!!!


今回は途中までふつーに観ていましたが、最後の青のセリフで「やられたっ・・・!」と心から思いました。ヒーローものの原点を見た気がします。素晴らしい脚本です。


さて、次回は女の子回。にゃんにゃんする桃黄が見られると思うと2424しますね!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック