けっこうギリギリ発言です。

さて。最近、世間を賑わせている検事の証拠品捏造事件ですが、この事件から見る日本検察の体質などについて語る気は

もちろん一切なく

ありましたよね。「逆転裁判」で同じ状況が。

わたくしがこよなく愛する御剣&狩魔兄妹は常に「証拠品捏造疑惑」があり、師匠にいたっては捏造どころか殺人まで起こしちゃったっていう。

そのあと、地方検察局長が、やっぱり証拠品捏造および殺人罪で起訴されてます。

「ああー。リアルでやられるとこんなけ反響あるんだなあ」と素直に感心しているわけです。

あ、別に殺人は犯してないか(でも尖閣問題については殺人と同じくらいたちが悪いぞ)。

最近、検事とか検察とか文字が朝刊に並んでいて、いちいち2828するあをいでした。

ちなみに、2828ついでに33歳の検事が16才の嫁をもらう件について、金曜日な雑誌はどんな見出しですっぱ抜いてくれるんだろうと妄想を馳せてしまいます。これもリアルで事件になんないかな!(あ、マジで事件になったら東京でうちの逆転本が売れなくなるなあ…)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック