逆らえない



狼「おう、御剣検事! 久し振りだな」
みつ「ム! 狼捜査官ではないか。いつ日本へ?」
狼「オレが来るなんて、事件の捜査以外にゃねーだろ。だが、アンタの噂を聞いてな。結婚したんだって?」
みつ「ああ…。誰から聞いた?」
狼「イトノコギリだったか。あの刑事に聞いた。祝いくらい言っておこうと思ってな」
みつ「ありがとう。わざわざすまない」
狼「義は重んじるべきだ。…しかし、ねえさんとはあの後も何度か一緒に仕事したってのに、オレに一言もないとは。日本人が義理堅いというのは、ただの昔話か」
みつ「? なぜメイの話が出て来る」
狼「は? オマエら、結婚したんだろ」
みつ「…違う。私が結婚したのは別の女性だ」
狼「そうなのか? オレはてっきり…。まぁ、違うなら構わんが」

はみ「れいじさん! 忘れ物の資料を届けに来ましたよ」

みつ「ああ、すまないな。春美くん」
はみ「あ、すみません。お仕事中でしたか?」
みつ「彼のことなら気にしなくていい。私たちの結婚を祝いにきてくれただけだ」
はみ「そうでしたか! はじめまして。わたくし、春美と申します。れいじさんと仲良くしてくださいね」
狼「…御剣検事。オレには彼女がセーラー服着た女子高生にしか見えないんだが、もしかしてアンタの嫁さんは…」
みつ「うむ。彼女だ」
狼「…御剣検事」
みつ「なんだろうか」
狼「淫行罪で逮捕する。未成年への性的暴行は世界的に見ても重罪だ」
みつ「結婚しているだろう!」
狼「おカタイ顔して、ロリコンだったのか」
みつ「名誉棄損で訴えるぞ」
狼「じょうちゃん、何でまたこんな歳の離れた男と結婚なんかした。借金のカタにでもされたのか」
はみ「れいじさんは素敵な方です! 悪く言うのはやめてください」
みつ「春美くん…」
狼「…なんかいい雰囲気振りまいてんじゃねーよ。じょうちゃん、オレは国際捜査官の狼だ。夫婦間でも強姦罪は適用される。何かあれば連絡してくれ。証拠を集めて確実に有罪にしてやるから」
はみ「れ、れいじさんは優しい方ですから、酷いことなどなさいません!れいじさん! わたくし、この方キライです!」
狼「ぐっ…! な、何も泣かなくてもいいだろが!」
みつ「…狼捜査官」
狼「な、なんだよ」
みつ「彼女の“キライ”は心に突き刺さるだろう。悪いことは言わない。今のうちに謝って置いた方がいい」
狼「くっ…! すまん。ハルミ」
はみ「…わかってくださったなら、もういいです。わたくしこそ、失礼なことを言ってすみませんでした」
狼「……(カワイ…)」
みつ「狼捜査官。用は済んだか」
狼「あ? あ、ああ…」
みつ「ちなみに、きみが彼女にちょっかいをかければ、ロリコン疑惑どころか間男だと後ろ指刺されることになる。言動には注意した方がいい」
狼「オレはそんなシュミねーから、牽制とかすんな」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック