とくべつ その後


みつ「春美くんは、真宵くんが大好きなのか…」
はみ「はい! わたくし、真宵さまが大好きです!」

みつ「…私よりもだろうか…」
はみ「!! あ、あの、その…え、選べません…」
みつ「!! す、すまない、春美くん! 私が大人気なかった。な、泣かないでほしい…」
はみ「うう…。わたくし、れいじさんを哀しませてばかりです…」
みつ「そんなことはない。私は春美くんと一緒に居ると、その、温かい気持ちになれる…」
はみ「ほ、本当ですか…?」
みつ「ウム。きっと、私が春美くんのことを好きだからだ。だから問題はない」
はみ「れいじさん…。あの、あの! わたくし、気付いてしまいました! 一番好きなのは、やっぱり真宵さまです!」
みつ「…そうか…」
はみ「でも、『愛してる』のはれいじさんだけです!」
みつ「!! そ、そうか…」
はみ「うふふ。れいじさん、真っ赤です」
みつ「ム。…その、春美くん」
はみ「なんですか」
みつ「キスしてもいいだろうか?」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック