「逆転裁判3」萌え視点経過報告。

「逆転」に萌えまくっています。

なんだあの萌えキャラ軍団は!!
いちいち悶えるほど萌える!!



特にみつ!! 5章は電車ではできない!!
「プレイボーイっスからね」ってイトノコ刑事に「わたしはそんな風に見られているのか…!」
って衝撃を受けてるのには悶え死ぬかと思った。
4回くらい見た。

20歳で検事になって、忙しくして、トラウマ持ちで、手のかかる妹分がいれば、そりゃ彼女つくる暇なんか
なかったかもなー、といまさら考察するに至りました。
あと、なるほどくんのことを「かけがえのない友人」って言ったのにも萌えた! 大人の男同士の友情いいね!

そして

行方不明のはみを心配するみつ!!!

(余談ですが、はみが行方不明と知るまで、「みつの助手にはみがなればいい!」と本気で思ってた。)

そしてはみの大食いに突っ込むみつ(笑)。

まぁ、どっちかと言うとなるほどくんのために真宵ちゃんを心配してて、ついでにはみも心配してる、
みたいな構図でしたが。

いいんだ。それでも。早く未来の幼妻を救いに行けばいい。

そもそも、「逆転」のシナリオは年の差カップルを推奨しすぎだ。

なるまよで7歳差。みつめいでも7歳差。のこまこで9歳差。うらゼニで17歳差だ!!
(ゼニは長期連載の漫画なら「ネウロ」の吾代のように化けたに違いない。)

はみみつも17歳差だから問題ないよ!!

同い年カップルって、まれゆうくらい?(このカップリングもすきだ)

年の差カップル好きにはたまらんネタのオンパレードだ!!

そんなわけで5章の続きをやりますよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック