「プラダを着た悪魔」を見る女子についての変身願望

先日、「プラダを着た悪魔」という映画を見た。

ストーリーは、ジャーナリストを目指す主人公アンディが、全く興味のないファッション雑誌編集長の第2アシスタントに採用され、編集長にこき使われる中で仕事の意義を考える、という内容。とても面白かった。わたくし、一度仕事をやめたときも、まさしくアンディと同じ状況だった。「一体何のために仕事をしているのか。」「これほどのものを犠牲にしてまでしたかった仕事だっただろうか。」一杯考えて、結局アンディと同じように辞めて、アンディと同じように進路を修正した。

共感できるという部分もそうだが、この映画の見所はタイトルのプラダはもちろん、シャネルエルメスなどのブランドファッションの映像が惜しみなく使われていること。主人公のアンディは、当初ファッション雑誌やファッションをバカにしていたが、ファッションにつてい真剣に考えて仕事をしている周りに感化され、メイクやファッションを変えて美しくなっていく。まるでモデルのようになるのだ。(ちなみに、アンディ役はアン=ハサウェイ)最新のハイ・ファッションを扱うこの映画。見に来る人もさぞやファッションに関心のある大人の女性ばかりだろう、と思っていた。

しかし、劇場に行くと「mina」とかのストリート系や、ユニクロ着た人、良くて「more」系の「女の子たち」が多かった。まぁ、ファッションに興味のある、という点ではこのくらいの年齢が主な層になっても仕方ないのだろうか。しかし、「camcan」系や「JJ」系の人が少ない。一体なぜだろうと考えた。

アンディは最初、垢抜けない頭がいいだけの女性だった。それが、同僚のナイジェルといファッションアドバイザーに指導してもらい、びっくりするほど垢抜ける。ハイヒールを履き、髪を切り、メイクを変え、プラダのドレスに身を包む。

もしかして、「わたしもいつかアンディになれるかもしれない」と期待する人が見に来るのではないか。今は冴えない大学生だけれど、いつかナイジェルみたいな友人(もしくは彼氏)がわたしをすてきな女性に変えてくれて、仕事もできる女になれるかもしれない、と。

「camcan」の読者はそんなことを思わない。つねに(センスがいいとは限らないが)高級品を身につけ、最先端のメイクをすることが日課だ。ハイヒールを履かない日はないだろうし、ブランド品を持たない日はないだろう。だから、あえて映画を見て「あの服すてき!」「ナイジェルみたいな人がいればなぁ」と考えることもない。

こんな理由で、「プラダを着た悪魔」を見に来る人はちょいダサ系女子が多いのではないか。つまり、この映画はちょいダサ系女子の「変身願望」を上手く補ってくれるちょうどいい映画なのではないか。映画制作者はもちろんそんなことを考えていなかっただろうが、日本ではそういう傾向でヒットするのではないかと考える。

ちなみに、映画自体はとてもおもしろかった。登場するどの女性もカッコいい。(この「仕事ができて美しいカッコよさ」も、「camcan」読者には不要なのかもしれない。)こんなことを評論しているわたくしも、もちろん例に漏れずにちょいダサ系女子である。せめて仕事が出来るようになりたいが、「リサとガスパール」の原画展のためにてきとーな仕事をして帰って来てしまった。反省しきりである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • プラダとは

    Excerpt: ブラダとは、イタリアのミラノで発祥した、上質で贅沢、 現代的な斬新さを誇るデザインを取り入れた、 洗練されたブランドなのです。 Weblog: ブランド 人気ブランドの魅力と秘密  racked: 2006-12-10 19:09
  • ユニクロの秘密

    Excerpt: ユニクロの秘密 ユニクロの名前は、当初略称の英文綴りはそのまま「UNI-CLO」であった。1988年、書類に略称の「UNI-CLO」を書き間違えて「UNI-QLO」と記入して登録してしまったことがき.. Weblog: ユニクロ Tシャツ・スキニー・gu(ジーユー)ならユニクロ racked: 2006-12-10 22:53
  • 小田急デパート町田

    Excerpt: 小田急デパート町田に関する情報を多数ご紹介しています! Weblog: 小田急デパート町田情報 racked: 2007-05-21 11:05