「ラブ日記」感想。

「ラブ日記」とかいう恥ずかしいドラマCDが我が家にやってきた。以下、我を忘れた暴走感想である。

ロメロとアルジェントきたーーーーー!!!

もうもう!絶対やらないと思ってたのに、やってくれたよ角川!ありがとうGEG!そして噂たがわぬ「アニシナすぺしゃる」!ときめき倒したわ!!

内容としては、実際のロメアルより内容はしょり気味で、おいしいところもざっくりカットされてましたが、それは仕方ありません。丸々あの内容をやったら、60分丸まるグウェンとアニシナがいちゃいちゃしてる話をドラマに納めなければなりませんから。そんなもん、わたくしのようなグウェアニオタくらいしか買いません。

しかし、それでもロメアルといえばグウェアニストーリー。グウェンがアニシナの花嫁衣裳を見て「そ、そうしてると、なかなか・・・」とかちょっとときめき気味だったり、グウェンがロメロ役を断ったら、「じゃあいいです」とちょっと不機嫌なアニシナもかわいい。そんで「わたくしの窮地を知れば手伝う男の一人や二人や13人くらい・・・!」との発言に、「それは誰だ!?」と動揺しちゃうグウェン!!それは「例え実験台でも、アニシナが他の男のところへ行くのは堪えられない」と捕らえますよ!わたくしは!!それに「あなたはわたくしがそんな男のところへ嫁いでもいいのですか!?」っていう台詞が何か理由もなく萌える。多分「わたくしが別の男の所へ嫁いでもいいのですか?」という台詞に変換されているからでしょうね。文面としては少しの違いですが意味は大きく違う・・・。

あとこっそりときめいたのはツェリ様の「あたくしのかわいいアニシナが結婚するんだもの」という台詞。アニシナを「かわいい」と言っちゃうのはツェリ様とヨザックくらいだよ・・・。心の中でならグウェンも思ってるけど。そんで、珍しくうろたえるアニシナも聞けて大満足・・・。

概ね満足ですが、ひとーつだけ残念なのは

「私がいつでも協力する」
「グウェンばかりに頼るわけにはいきません」
「私が一番、慣れているだろう?」
気の遠くなるほどの長い時間、同じことの繰り返しだ。子どもの頃からそうしてきたのだから、今さら誰にも譲れない。


という実にグウェンとアニシナの絆の深さグウェンのアニシナ好きっぷりがうかがえるくだりがカットだった点です。まぁ・・・仕方ありませんが・・・。他の部分で萌えさせていただきましたからね。空間移動筒路に二人が落ちて、気絶していたグウェンに話しかけるアニシナが妙に優しい声音だった部分とか。あそこは絶対に膝枕だったと信じて疑いません。他の部分で補完されてましたからいいですよ。あんまわがまま言うと、その内グウェアニシーンがカットされてしまいますから・・・。(危うい立場のキャラポジションだから・・・)

とりあえず、慌てて予約してよかった、と言っておきましょう。

ごめん。正直な話、この二人のためにCD聞いてたもんなので、他のエピソードとかどうも心に残らなくて・・・。変態グウェンくらいは心に残ってますが。あと、コンラートが目を開けたまま寝るとか。そんな小ネタしか心に残りません・・・。きっとアニシナが長男と結婚しないのは、彼がいつか幼児誘拐の犯罪に走ることを予感しているからかも、と妄想したり・・・。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック