「チャングムの誓い」 最終回記念感想

ずっと楽しんできた「チャングムの誓い」が先程最終回を迎えました。

ああ、これから土曜の夜は何を楽しみに生活すればいいのかしら・・・。

思えばミン・チョンホ様を「デレデレ」(*1)と呼んだり、チャングムさんを「鋼鉄の女」(*2)と呼んだり、「王様大人気ない」など様々な流行り言葉が生まれました。我が家で。

最初は母親の復讐を果たすための痛快サクセスストーリーだと思って一生懸命見てて、何が楽しいって、デレデレのチャングムさん好きっぷりと、チャングムによるデレデレの無視っぷりが楽しくて仕方ありませんでした。

それが最終回間近になると、チャングムさんの方がツンデレに!!さすが視聴者の感想で内容が変わる韓国ドラマ。あんなのはチャングムさんではないのではないかと思いつつ、二人のらぶらぶっぷりがあまりにほほえましく、「まぁ、デレデレも苦労してるから、こんくらいは大目に見てやるか」と思ってました。そしたら王様とデレデレとチャングムさんの三角関係勃発。

うわなにこの展開!この国の王様大人気ないよ!と爆笑。しかも引っ張って最終回。チャングム母怖!!あの母が好きと言えるあの娘はいい女に育つと思います。

ああ、本当、楽しませてもらいました。韓国の皆さん、ありがとう・・・。あと、「AERA]のチョンホ様特集記事は爆笑ものです。必見。

*1 デレデレ。チョンホ様はチャングム(少女時代)に出会った当初、チャングムの治療を拒否しつつ、相当警戒していた。それが女官になってからと言うもの、「ツンデレ」ではなく、ツンの部分が消え「デレデレ」。チャングムさんが好きすぎてどうしようもない感じが「デレデレ」の称号に値する。

*2 鋼鉄の女。あれだけチョンホ様から好き好きオーラが出ているのにも関わらず、華麗にスルーの連続。あげく借金する始末。それも全ては仕事のため。ゆえに鋼鉄の女。この時、きっとチョンホ様の思いが届くことはないだろうと思ってつけたあだ名。まさかこんな展開になるだなんて・・・。52話くらいのチョンホ様との「本当は、チョンホ様にお会いしたくて・・・」との掛け合いは、予想外すぎる。チャングムさんの方が「ツンデレ」だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック