「文化の違い。」

「コンラート、お前アニシナに何を教えたんだ?」
 弟は怪しげなほど爽やかな笑顔を兄に向けた。
「ああ。裸エプロンの話?どうだった?」
 爽やか次男の発言に、すぐ傍で書類とにらめっこをしていた魔王陛下が悲鳴を上げた。
「はっ・・・裸エプロン!?いやー!コンラッド、お前が言うといかがわし過ぎるって!!ってか何?どうだったって何?ま、まさかグウェン、アニシナさんに・・・!!」
「へぇー。やっぱフォンヴォルテール卿とウェラー卿とでも猥談なんてするんだねー。」
 グウェンダルは眉をしかめた。弟だけでなく、魔王や大賢者も「裸えぷろん」なるものを知っているとなると、あちらの世界ではポピュラーなものなのか。てっきり弟がマニアックなことを面白がって幼馴染に吹き込んだのだと思っていたのだが。
「・・・あれのどこが「男のろまん」なのだ?寒いし、不気味なだけだと思うのだが・・・」
「不気味!?アニシナさんの裸エプロンが!?不気味どころかさぞ可愛いだろうに!!うらやましい・・・。」
 そう言いながら魔王陛下は、あらぬコトを想像したのか顔を赤らめた。そんな魔王と、よくわかっていない兄の表情を見て、ウェラー卿は腹をかかえて笑い出した。
「ははっ。ユーリ、俺は確かにアニシナにそういうものがあるって教えたけれど、どうもアニシナはグウェンに「裸エプロン」をさせたんじゃないか?」
「ええっ!?マジで!?」
「なんだ。アレはそういうものじゃないのか?」
「さっすがフォンカーベルニコフ卿。やることが違うよねー」
「お前、そういう感想?でもそれは・・・確かに不気味・・・」
 グウェンダルは周りの反応にだんだんいらつき始めた。要領を得ない。
「結局、あの「裸えぷろん」というのは何なのだ?どういった類のときに用いられる服装なんだ。」
 生真面目な言い方に、ウェラー卿と大賢者が爆笑し始めた。ますます憮然とするグウェンダル。目に涙を浮かべたウェラー卿は、かわいそうな目にあった兄に説明をし始めた。
「グウェン、「裸エプロン」がどういう服装なのかはわかってる?」
「まぁ、やらされたからな。」
「じゃ、あの格好をアニシナがやったらどうかな?」
 あの格好。裸にえぷろんとやらをつけた格好だ。えぷろん自体はフリルをあしらった大変可愛らしいものだった。アニシナが、アレを着る・・・。
「・・・。」
「・・・。」
「・・・。」
「・・・。」
 グウェンダルだけでなく、つい想像してしまう他3名。
「・・・いやー。やっぱ美人がああいう格好して出迎えてくれたら最高だよねー。」
「うっわ、やべぇ。俺、鼻血出そう・・・。」
「アニシナは見かけはなかなか可愛いですからねぇ。」
「・・・。」
 好き勝手言う弟と上司たちに、グウェンダルは剣呑な視線を向けた。
「・・・コンラート。結局、「裸えぷろん」は本来女性が着るものだったのだな?」
「まぁ、大抵は。見る側の趣向によっては男性がやる場合もあるだろうけれどね。今度はアニシナに着せてみる気になった?」
「バカを言うな。」
 眉間に皺を増やして、グウェンダルは魔王の執務室から退出しようとした。
「あ、フォンヴォルテール卿。それで、今の説明で「裸エプロン」の使用方法はわかった?」
 大賢者の発言に、ウェラー卿は大爆笑だ。魔王は微妙な表情で顔を赤くして俯いている。このような話題に慣れていないのだろう。思わず一瞬、頭に血が上ったグウェンダルだったが、何か言う前に大賢者に畳み掛けられた。
「今度は是非、使用後の感想を聞きたいねぇ。」
「・・・ッ失礼する!!」
 室内の爆笑の渦に完全に背を向けて、グウェンダルは乱暴にドアを閉めた。


「――というわけで、本来は女性が身につけるものだったらしい。」
「おや、そうだったのですか。それでは、本来の効果を得られないのも納得ですね。」
 アニシナはまだすらんぷから立ち直っておらず、前回の実験の失敗原因を突き止めてどこかほっとした表情をした。その様子だけで、恥を忍んで弟を尋ねた甲斐があったというもの。
 しかし、アニシナは次に不思議そうな表情をした。
「・・・しかし、女性が「裸えぷろん」を着ることで、男は癒しを得ることができるのですか?」
「・・・さぁ・・・」
 実はいまいち、グウェンダルにもよくわからなかったりする。アニシナがあの「えぷろん」なるものを身につければ、それは愛らしいだろう。心癒される。だからと言ってどんな女性に対しても癒しを感じるかと言われれば、どうもピンとこない。・・・ああ、そう言えば「裸えぷろん」は「自分にとって特別な人間」に対してするものだったか?だったら別に「裸えぷろん」でなくとも良いだろう。
「・・・よくわからんな。しかし、ユーリたちも知っているようだったから、あちらの世界では一般的なのだろう。」
「ふーむ。文化の違いというやつでしょうか。」
 そうだろう。大体、「裸えぷろん」を身につけた女性を見れば、癒しというよりは興奮するんじゃないだろうか。
「グウェンは、わたくしの「裸えぷろん」に癒しを感じると思いますか?」
「・・・と言うよりも・・・」
 えぷろんをつけたアニシナには癒されるだろうけれど。
「・・・裸にえぷろんをつける意味がよくわからん・・・」
 裸なら裸になったほうが、と思うグウェンダルだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック