服装についての一考察 ―コスプレという名の意識支配―

制服というものがある。制服はそれだけで権威やイメージを持つ。警察の制服を見れば誰でも「公正・高圧的・法を守る」とかのイメージを持つ。看護士の白い制服を着たひとを見れば、誰でも「優しい・親切な・自己犠牲的」なイメージを持つだろう。高校生の制服は「無邪気・保護されている(あるいは囲い込まれている)」イメージはないだろうか。

服と言うのは、着ているひとのイメージを決める。

服と言うのは、案外社会で力を持つのである。

それは制服だけに留まらない。流行の服を着ていれば、「ファッションに高い興味を持つひと」「おしゃれなひと」とかいうイメージを自分に付加することができる。逆に流行を一切取り入れないひとに対して「流行に興味のないひと」というイメージから「他人に興味のないひと」とまでイメージは及ぶかも知れない。

服は社会に対してだけではなく、自分にも影響がある。

服装を正すと、身の引き締まる思いを感じないだろうか。制服を正しく着ると、今はある団体に属し、なんらかの役割を果たさなければならないと思う。あるいは、私服を思い切り着崩すと、精神が緩みはしないだろうか。流行の服を着れば、流行を作ったのが自分でもないにも関わらず、「おしゃれなひと」になった気分になれる。別に流行を追うこと=おしゃれではないのに。休日明けにビジネススーツに身を包むと、それだけで暗澹たる気持ちにはならないだろうか。

服は社会に対し影響力があり、着ている自分にも影響を与える。

さて、ここで服に付加するイメージを自分に取り込む遊びを紹介しよう。その名もずばり「コスプレ」。コスチューム・プレイの略称であり、プレイとは遊びのことである。昨今のおたくブームによって有名になりつつあるアニメキャラと同じ服装や髪型にし、写真撮影会など行う遊び。または本来その職業ではないにも関わらず、その制服を身につけたりして―例えば、看護士・婦警・キャビンアテンダント―遊ぶ。後者は、性的なものによる「遊び」であることが多いようだが。服を利用した遊びとしては、一番単純で、服に対する自分と他者への影響を感じることができる遊びである。単純な上、日常生活とは縁のない服装が多いので、なりきるのに大変都合がいい。そう、「なりきり」が一番重要なのだ。

ところで、ウェディングドレスというのは、その最もたるものではないだろうか。まず白色というだけで「純潔・純真・貞節」を表す色である。それに加えて、ウェディングドレスの持つ社会的意味。ウェディングドレスは、花嫁しか着ない。結婚する女性しか着ない。しかも当日にしか着ない。結婚は、女性にとって特別であり、それは家を移るからである。経済力を今まで実家に頼っていたのに、今度は夫の家に頼ることになるのである。女性にとって結婚は重要である。次の生活がかかっているからである。その次の生活の水準を表すのが結婚式の披露宴であり、そのときに着るウェディングドレスである。
真っ白いウェディングドレスは、自分が「純潔の乙女」であるという錯覚を呼び起こすと同時に、その豪華さは自らが今後得るであろう富を表している。けっして自らが直接得るわけでもない富を得ることができるという錯覚。そして、その得るであろう富に裏打ちされた「幸福」。「幸せになります」とは、新郎新婦が祝福してくれる人々に対して言うありふれた台詞ではあるが、その「幸せ」の象徴こそがウェディングドレスであり、「幸せ」の象徴を身につけることによって、自らが「幸せ」な花嫁であると、自らと他者を錯覚させる―そう、コスプレなのではないだろうか。

コスプレはコスプレでしかなく、いかに「それらしく」見えたとしても、現実はそうではない。幸せな花嫁は、実は幸せではないかもしれない。(そもそも「幸せ」の定義は誰が定義できるのか。)キャビンアテンダントはにこやかに空の旅を案内している華やかな職業に見えるが、いつだって死と隣り合わせだし、なんと時給1000円だ。時給1000円で、最高のサービスを提供するために、「それらしく」振舞うことが要求される。死と隣り合わせなのは警官も看護士も同じだし、両者とも肉体を酷使する仕事だ。もちろん、警官「らしく」規律を重んじる態度を崩してはならないし、看護士「らしく」患者に対して優しく慈愛深くあるように(主に患者に)要求される。

世界はコスプレで支配されている!特に日本はその傾向が顕著だ。コスプレプレイなど、性的に成熟したヨーロッパの男性が好むだろうか。そんな「ごっこ遊び」を好むのは日本の幼稚な男性くらいだろう。女性に敬意を払っていれば、そんな「ごっこ遊び」に付き合わせることなど、自尊心が許さないはずなのだから。

コスプレに支配された世界を、なんとなく最近の人は肌で感じ取っているのではないだろうか。コギャルとか、ヤマンバが流行ったのはそのせいではないだろうか。(ちょっと昔の話になって申し訳ない。)しかし、結局あの奇抜な格好も記号になり、一種のコスプレになってしまった。コスプレの脱却が、新たなコスプレを生み出しただけだった。なかなか日本人はコスプレの外へ出られない。「和をもって尊しとなす」が深く現代にも根付いているわけである。逸脱が逸脱のまま終わることがない。誰かがまねをすると、瞬く間にそれは広がり、意味を持ち、コスプレになる。

世界はコスプレに支配されており、コスプレで成り立っているのかもしれない。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック